敦賀以西 「工事認可前でも着工可能」 与党整備委員長 高木氏認識示す

2022/05/16

北陸新幹線敦賀−新大阪間を巡り、与党整備委員会委員長の高木毅衆院議員(福井2区)が十五日、京都府北部で環境影響評価(アセスメント)の手続きが遅れていることを踏まえ「工事認可の前でも着工は可能」との認識を示した。早期全線開業に向け、与党が目指す二〇二三年度当初着工を何らかの形で実現させる可能性を示唆した。 (山本洋児)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する