次世代型交通 活用探る 嶺北11市町など協議会発足 

2022/05/19

ふくいMaaSアプリの導入や活用方法について意見を交わす委員たち=いずれも18日、福井市のフェニックス・プラザで

観光客利便性や住民サービス向上
情報通信技術(ICT)による次観光客利便性や住民サービス向上世代型交通システム「MaaS(マース)」の活用に向け、嶺北十一市町や交通事業者、商工・観光団体による「ふくいMaaS協議会」が十八日、発足した。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する