教壇と研究 両立 福井農林高 津野さん農学博士に 持続可能な働き方実践

2022/05/26

農学博士の学位記を手にする津野さん。絵本(机の手前)を制作したり、共著の本(机の左奥)を出版したりしている=鯖江市で

教壇に立ちながら大学院で研究を続けてきた福井農林高校の津野佑規教諭(29)=鯖江市=が農学博士を取得した。県教委によると、フルタイム勤務の県立高教員が博士になるのは珍しい。津野教諭は「ブラックと言われがちな教員の仕事だが、周囲の協力もあり、研究と両立できると示すことができた。教員を目指す子たちの励みになれば」と喜んでいる。 (曽根智貴)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する