3年ぶりリアル開催へ 越前市の千年未来工芸祭 27、28日新たに若手職人の作品発表

2022/08/04

のぼり旗やポスターで「千年未来工芸祭」をアピールする山田市長(中)と実行委のメンバー=3日、越前市の市民プラザたけふで

工芸や手仕事を身近に感じてもらうイベント「千年未来工芸祭」が27、28の両日、越前市アイシンスポーツアリーナ(武生中央公園総合体育館)を中心に開かれる。市の伝統工芸を中心に、市内外の120の伝統工芸士や工芸作家、企業などが参加を予定。3年ぶりのリアル開催で、ものづくりの魅力を堪能できる2日間になる。(中田誠司)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する