流れる灯籠、過ぎゆく夏 永平寺大燈籠ながし

2022/08/22

水面を照らしながら流れる灯籠=永平寺町高橋の九頭竜川で

永平寺町の九頭竜川を舞台に、夏の終わりを告げる風物詩「第35回永平寺大燈籠ながし」(中日新聞社、日刊県民福井など協賛)で、川に灯籠を流すイベントが21日、同町の永平寺河川公園で開かれた。灯籠のほのかな明かりが幾つも連なって流れ、夜の水面を照らした。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する