血圧低下抑えるストッキング パーキンソン病患者のため開発

2022/09/01

脱ぎ着しやすい弾性ストッキングを開発した浜野准教授=永平寺町の福井大松岡キャンパスで

福井大グループ、県内企業と協力
従来品より着脱容易

福井大医学部の浜野忠則准教授(脳神経内科)らの研究グループが、立ち上がる際にふらつきが起こる「起立性低血圧」に悩むパーキンソン病患者向けに、血圧の低下を抑える弾性ストッキングを開発した。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する