若狭の伝統食材つなぐ 町外ファン獲得へ加工品販売

2022/10/12

新商品「和食に合う粒マスタード」と「熊川葛の葉茶」の発表会に集まった生産者ら=若狭町熊川で

若狭町の伝統食材「山内かぶら」の種や、「熊川葛」の葉などを使った新商品が完成し、販売が始まった。かぶらの花から取れる種を混ぜ合わせた「和食に合う粒マスタード」と、クズの葉や新芽などを焙煎した「熊川葛の葉茶」。お土産品として売り出すことで町外にもファンを獲得し、伝統の存続につなげる。(林侑太郎)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する