お待たせボージョレ 価格上昇少しでも安く 県内の販売店腐心

2022/11/17

円安や空輸費高騰などの影響を受ける中、容器や容量を工夫して価格を抑えたボージョレ・ヌーボーを中心に並べた特設コーナー=16日、福井市のヤスブン四ツ居店で(山田陽撮影)

11月の第3木曜日(今年は17日)に販売解禁となるフランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が16日、県内でも酒販店の店頭に並べられた。今年はロシアによるウクライナ侵攻や円安などの影響で価格が上昇。福井市内の店では容器を小さくしたり軽くしたりして値段を抑え「少しでも手に取りやすい価格に」と腐心している。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する