タマネギ栽培 県が支援へ 稲作法人の新たな収入源に 用水排水施設を整備

2022/11/21

歩行型全自動移植機でタマネギの苗を植える片岡農園の片岡社長(左奥)ら=坂井市春江町針原で

農作物を栽培する2ヘクタール以上の場所「ほ場」を持つ大規模経営の稲作法人に、県が加工・業務用タマネギの栽培を促している。米価低迷に伴う販売減に悩む稲作農家らに園芸作物も育ててもらうことで、新たな収入源の確保につなげるのが狙いだ。(佐久間博康)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する