サウナで鯖江もっと熱く 観光資源で活用へ会議始動 ラポーゼかわだを核に全国発信

2022/12/05

鯖江のサウナを全国に発信しようと初めて開催された「鯖江サウナ会議」=いずれも鯖江市のラポーゼかわだで

2024年春の北陸新幹線県内開業を見据え、鯖江市ではサウナを新たな観光資源として活用する動きが出ている。県内外のサウナ愛好家らに人気の温泉施設「ラポーゼかわだ」(上河内町)を核として、鯖江をサウナのまちとして全国に発信し、新たな誘客につなげたい考え。(堂下佳鈴)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する