えち鉄 今後も「乗って残す」 サポート会20周年記念誌発行  存続活動 歩み資料化

2023/05/31


京福電鉄の2度の衝突事故(2000、01年)後から電車の存続活動を行ってきた「永平寺町えちぜん鉄道サポート会」は、会の設立20周年の記念誌を発行した。和田高枝会長(81)は「(京福の路線を引き継いだ)えちぜん鉄道に存続活動の資料はなく、まとめた。20年前のことを忘れないで」と話す。(平林靖博)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する