温泉街に脱炭素の視点 環境省のモデル事業に採択

2023/06/28

あわら、加賀市など
観光産業の在り方模索

環境省が実施する「地域ぐるみでの脱炭素経営支援体制構築モデル事業」で、あわら、石川県加賀両市の行政と温泉街、金融機関による申請が採択された。地域の核となる温泉街に脱炭素の視点を取り入れ、新たな観光産業の在り方を模索する。年度内に脱炭素経営に関する冊子を作り、異なる分野の中小企業に配布、普及を図る。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する