「大きな地震いつ起きても」 福井高専・岡本教授

2023/06/28


福井県真下にひずみ集中帯
1948(昭和23)年6月28日に起きた福井地震から75年を迎えた。福井県の地震を長く研究している福井高専の岡本拓夫教授(地震学)は「福井は地震のエネルギーがたまりやすい場所。(大きな地震が)いつ起きてもおかしくない状態」と警戒を呼びかける。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する