【7/27~】つぶ100%展示会「しずかに、うるさい」

2019/07/27

※終了しました

「しずか」=ひっそりしている、おちついている。「うるさい」=しつこい、みみざわり。今回で5つ目のお題となる「しずかに、うるさい」。こちらのテーマをもとに用意した三篇の物語…それらにまつわる音や図形、台詞を“つぶ”として、イラストやアクセサリーで表現するとどうなる??

【つぶ100%プロフィール】立体(アクセサリー)を担当する道上燈と、平面(イラストレーション)を担当する黒田美恵の実験的コラボユニット。2014年の結成以来、粒々、つぶつぶ、水玉模様でさまざまなものを表現
「あなたたち、しずかにうるさいわよ」すべての始まりは、あるときゲッコウカフェ主から放たれたこの一言。そこからイメージした作品を粒々を用いて展開していく

女性なら誰もが心ひかれる水玉(つぶ)モチーフ。それをユニット名に掲げる二人に、その面白さ、魅力を聞いてみました。「もともと、なんとなく“水玉模様で一緒に作品を作ろう”と組んだユニットでしたが、製作を進めているうちに、“つぶ”モチーフは生活のあらゆる場に潜んでいると気付いたんです。今はそれを見つけながら、作品を作ることに面白さを感じていますね」と黒田さん。

つぶつぶ、ぶつぶつ…日常にひそむ「つぶ」な景色を掬いとって、アクセサリーやイラストレーションに。つぶ100%の二人は土日在廊予定

ゲッコウカフェでの初の展示会。つぶ100%と言えば、真っ先にイメージするのが「色」。これまでハジけるような色づかいの水玉モチーフ作品で、展示会に訪れた女性たちを虜にしてきました。今回は、挑戦の意味も込めて、二人の得意分野の一つである「色」を封印し、白で統一した空間・作品で展開していくそうです。

立体担当・道上さんのアクセサリー。大振りだけれど軽やかなつけ心地。また、つぶ名物の過剰包装もいつもより贅沢仕様です。こちらもお楽しみに!

二人の感性が生み出す唯一無二の作品と空間設営、コレクションしたくなるようなフライヤー、オリジナル包装紙等の備品にも期待が高まります。この夏、「しずか」と「うるさい」相反する言葉から生まれる、ちょっと不思議な作品世界へ出かけてみませんか?

つぶ100%「しずかに、うるさい」
【会場】ゲッコウカフェ(福井県越前市芝原3-6-30)
【日程】2019/07/27(土)~08/04(日)
【時間】12:00~19:00
【料金】入場無料
【SNS】 Facebook Instagram Twitter
【お問い合わせ】0778-21-2787

#イベント#エンタメ

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する