敦賀駅の課題を視点変え探る 気比中生が構内を見学

2024/05/16

2階のデジタルサイネージの前で熱心にメモを取る生徒たち

外国人、お年寄りになりきり
北陸新幹線敦賀駅の現状と課題を探ろうと、敦賀市気比中学校の2年生109人が15日、駅構内を見学した。JR西日本によると、3月の開業後、駅が校外学習を受け入れるのは初めて。生徒たちはさまざまな利用者を想定し、設備や案内を観察していた。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する