若手教諭の声を教育施策に 現状や改善点、県教育長と語り合う

2024/07/10

教育現場のやりがいや困り事について意見を交わす小中学校の教諭と藤丸教育長(中央)=福井市のヨリバで

若手教諭と藤丸伸和県教育長が直接、学校業務の現状や改善点について語り合う意見交換会が9日、福井市内で開かれた。教諭側からは児童生徒の成長過程を間近で見られてやりがいがあるとの前向きな声が上がる一方、教員の数がより確保できれば、教材研究の時間を十分に確保でき、児童生徒一人一人に応じた対応ができるなどの意見が寄せられた。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する