禅をテーマにした光文字 24日、永平寺大燈籠ながしと共演

2019/08/17

城山山頂付近で闇夜に輝く「Z」「E」「N」「○(円相)」の光文字=永平寺町永平寺河川公園から写す

永平寺町の夏の風物詩「永平寺大燈籠(とうろう)ながし」(二十四日)に合わせて、地元住民団体が同町花谷の城山(じょやま)(四七三メートル)の山頂付近から禅をテーマにした光文字で燈籠との光の共演を図ろうと、準備を進めている。活動しているのは、城山をまちづくりに生かす団体「花谷城山会」。城山は、道元禅師を越前に招いた鎌倉時代の武将波多野義重が城を築いたとされる。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する