【9/8開催】子宮頸がんは防げる‼正しく学ぶ市民講座。

2019/09/07

※終了しました

9月8日(日)、「ユーアイふくい多目的ホール」で開催される市民公開講座「女性の健康を守る」をご紹介。 当講座は、子宮頸がんを中心に、出産や育児まで派生して“女性の健康”を考える内容となっています。

参加料無料、当日飛込みでもOKです。
※このイベントは終了いたしました。


まさか自分が…

そう考える方もいらっしゃるとは思いますが、子宮頸がんは誰でもなり得る病気であり、日本では年間約1万人が子宮頸がんにかかり、それによって、約2700人が亡くなっている重大な病気です。現在は20~30代の若い人に増えています。

そもそも「子宮頸がん」てナニ⁈

子宮の入り口部分「子宮頚部」にできるガンです。ウイルス感染が原因で、主に性交渉によって感染します。よって年代を問わず誰でも感染するリスクがあります。また、早期では比較的初期症状が現れづらく、発見が遅れることも。早い内に検診をおススメするのもコレが理由のひとつ。

子宮頸がんとは?詳細はコチラ



子宮頸がんは怖い疾患でありますが、ワクチン・検診で防ぐことができる病気です。 ワクチンを接種すれば、HPV(ヒトパピローマウィルス)の感染を防ぎ、子宮頸がんを予防できると考えられています。 また検診を定期的に受けることによって病気の早期発見につながります。…にもかかわらず、検診を受ける人は全国では40%、福井では42%ほどしかいません。さらに、受けている人のほとんどが40歳以上で、若い世代にはなかなか検診が広まっていません。

子宮頸がんは正しい知識で予防できる


検診は婦人科で行うことができ、行政によっては補助もあります。国は2年に1回の検診を推奨し、「受ける怖さより受けない怖さがある」と、先生は話します。初めての人は緊張するかもしれませんが、将来の健康のためにも受診をおススメします。

子宮頸がん検診のQ&A 詳細はコチラ


正しい知識をつけて自分の健康を考えよう

市民公開講座では、子宮頸がんを中心に、さまざまな視点で女性の健康について学ぶことができます。講演では、シンガーソングライターで、子宮頸がんの闘病経験がある松田陽子さんが出演し、患者目線から治療のこと病気のことを知ることができます。また、福井大学産婦人科の女性医師3人によるパネルディスカッションでは、先生の立場から、子宮頸がんの予防の大切さを丁寧に教えてくれます。

最後に、自分自身の健康のため、そして将来のために、子宮頸がんの正しい知識を身につけるきっかけにしてもらいたいです。誰でも気軽に参加できますので気軽にお申し込みをお待ちしております。

コチラからお申込みできます。

参加料無料、当日飛込みでもOKです。気軽にお越しをお待ちしております。

市民公開講座「女性の健康を守る
9月8日(日) イベント情報はこちら

#PR#イベント

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する