【世界から発信! ふくい人滞在記。】

[世界から発信inカンボジア⑤]ジープに乗って水上生活をする村へ!

2019/08/25

こんにちは!TAKAです!

アンコールワットだけじゃない!日本人が知らないインスタ映えするシェムリアップ!

いま、シェムリアップはアンコールワットだけではなく、世界中から多くのインフルエンサーが集まる街になってきています。先日も、僕の友人でユーチューバーである「Exit Jackマンぺー」がカンボジアに来て撮影をしました!Exit Jackマンぺーは大学時代を福井で過ごし、旅系の動画をYouTubeにアップしている、若者を中心に大人気のYoutuberです!今回、彼と一緒にミリタリージープに乗って水上生活をする村に行くというツアーを体験してきたので、それについて紹介します!
(めちゃくちゃ楽しい動画が一番下にあるので要チェック!)

ミリタリージープに乗って船着き場まで

シェムリアップ市内のホテルであればどこでも迎えに来てくれます。午前の部か午後の部を選ぶことができますが、夕日が綺麗なので午後がおススメです。

映画で見るような景色をひたすら走ります

船着き場までは約1時間。窓のないミリタリージープで風を切って目的地まで向かいます。道中も平らな道ではないので、ジープ感を楽しめます。何回か休憩するので、ジープと一緒に写真撮影するのがオススメです。僕もマンぺーとかなりインスタ映えする写真を撮りました!(男二人で悲しい感じです笑)

この小さなボートに4人ほど乗ります

船着き場に到着すると小型のボートに乗ります。10分ほどすると、水上生活をする村が見えてきます。水害から逃れるために高床式になっており、独特の風習が見られます。村に到着すると、寺院や学校の様子を見ることができ、現地の人と交流することもできます。もちろん現地で食事をすることができるので、地元の雰囲気を味わえます。

雨季の時は電柱が黄色くなっている辺りまで水が昇ってくるらしいです
ここでも2人で記念撮影。どうでしょう、意外とインスタ映えするでしょう?

琵琶湖より広い湖

この水上生活をしている村があるのはトンレサップ湖と言うカンボジア最大の湖(なんと琵琶湖よりも広い面積)。村を抜けると、まるで海のような景色が待っています。そこには水上レストランがあり、食事をしたりコーヒーを飲んだりビールを飲むこともできます。ベンチに座って日焼けをしたり、養殖されているワニを見ることができたり、湖の上でゆっくりできます。その頃には日も沈んでくるので綺麗なサンセットが見ることができます。雨季には夕立になることが多いので乾季に行くのがおススメです。帰りもミリタリージープでホテルまで送ってくれます。

この旅の様子、Exit Jackマンぺーの動画でアップされているので是非ご覧ください!
https://youtu.be/4ZHHDTpz3R8


木米貴久(きよねたかひさ)
1988年 福井市生まれ。幼少期よりサッカーボールを追いかけるサッカー大好き少年。大学時代を京都で過ごしたのち、帰郷。その後海外で働く夢を捨てきれず、単身インドへ。現在、カンボジアのサッカーチーム「 アンコールタイガーFC 」にてチームサポートとして勤務。好きな食べ物はおろしそばとカレーライス

#エンタメ#ふくい人滞在記#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する