【炎上エンジョイ!】

「天使のいない世の中 」-悪魔は他人を理解できない-

2019/08/28

煽り運転して暴行をした容疑者をネットでみんながボコボコに。それって「一緒のことやってんじゃないのよ」と。

1人対♾。お互いの共通点は「思い知らせてやろうと思った」と。一緒だよ、おれからすりゃ互いに同じだけ狂ってる。弱さのコンプレックスが余裕をなくし、相手を暴力で支配しようとするんだろう。たまにいるよね、そんなやつ。おれからすりゃ唯一の違いはガラケーかスマホかだけ。ガラケー女だと間違えて違う人を誹謗中傷したらしいな。

ガラケー女のこともお前らが誹謗中傷することすら何様だとずれてる気もするが、全くの他人を間違えて中傷して、結局お前らが訴えられてんじゃないのよ。犯罪者の仲間入り。だったら世間の人にお前らも同じように会社や住所晒されて地獄に落とされろよ。まあそれをやられたら、また、新しく誤解されて誰かが叩かれて訴えて…が、繰り返されるんだろうな。そもそも天使はいないのかよ。 天使と悪魔のバランス。みんな心の中に天使と悪魔がいるよ。悪魔の方がたくさん出てきてるのは余裕がない証拠。最近は悪魔が多いね、悪魔は他人を理解しようとしない。

韓国と日本の幼稚なバトルも、あいつら小学生からやり直したほうがいいよね、「相手の立場になって考えなさい」ってガキの頃に言われてるでしょ、それができてない。要は幼児化してんのよ日本中が。暇な幼児。飽きたら次に行く。バカばっかりよね。吉本のこともニュースが終われば他に行く。会話の話題がほしいひまな遊牧民。

とにかく、天使と悪魔のパワーバランス。この前、自閉症の男の子が電車の中で独り言を言っていた、その横にいた、アニメのグッズ抱えた小太りの40代ぐらいのやつが「うるせぇぇッ!」って怒鳴ったのよ。周りのやつが全員こっちに注目。自閉症の男とアニメのグッズかかえてるおっさんと村本だってなった。でもな、自閉症の人は独り言で好きなことを言って落ち着くんだよ。それに対してうるせえって怒鳴るやつ。でも怒鳴るやつも怒鳴って落ち着いたのかな。怒鳴るやつの中にはブレーキを踏む天使はいなかったのかな。

ネットの中だけっていうけどネットに書き込んでんのは人だから、現実社会の人たちに、そんな暴言を吐く奴もいるわけでしょ。年金払えのデモをする人達に、バカだの言う奴もいたけどさ、心の中に天使はいないの?サラリーマンを社畜とバカにする奴もいるけど、天使はいないの?社会は支え合ってんだから、「お前らの生活は誰かのそれのおかげよ」と。好きな人に好きになってほしい時は天使が出てくるのに、そうでない人には悪魔しか出ない。

その気持ちもわかるよ、おれのことも好きになってほしいから優しくするわけでしょ、ネットは顔が出ないから、どう思われても思われようがないから、なんでも書くんだよね。匿名が悪魔化させる。「世間体」ってほどよくは大事なんだよな。

悪魔社会になる前に。

村本大輔(むらもとだいすけ)
福井県おおい町出身。2008年位結成したお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」のボケ担当。賛否両論のコラム「炎上エンジョイ」は、日々URALAにて継続することが決定! ツイッター

#コラム#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する