【中止】令和初の国盗り合戦を制するのはどっちだ⁈ 第五回越前・加賀県境綱引き。

2019/10/08

10月13日(日)、あわら市の吉崎地区にて今年もアツいバトルが繰り広げられます!「第5回 鹿島の森伝説 越前・加賀県境綱引き」。こちらのイベントは、越前の男神と加賀の女神が北方湖の鹿島の森をめぐり綱引きで勝負を決めることになった“鹿島の森伝説”をもとに開催されている。

『県境の館』にあるモニュメント。現在あわら市側に2mずれている

この勝敗により勝者側は領土を1m広げられる。現在『県境の館』にある、県境を示す中心に置かれていたモニュメントがあわら市側に2mずれている。過去「越前國」が1勝、「加賀國」が3勝をあげている。 そして、今回は令和の時代に入り初、第5回目の開催を迎える前に両陣営の代表者から県境綱引きの意気込みを聞いてきました。

写真左【越前國代表】末富攻さん 、写真右【加賀國代表】藪野正樹さん

【加賀國代表】 加賀市吉崎区長 藪野正樹さん
前回勝者・加賀國。今年から開催前のスピーチがあり、登壇するのは前回の勝者。「東尋坊までとるッ! 三国競艇を加賀のものにッ(笑)」と、言おうかという。その位の気持ちで勝負すると意気込みがみられました。何世紀後かは東尋坊の崖にモニュメントが立ってるんですかね。それ、ちょっと見たいかも。 

【越前國代表】 あわら市吉崎地区会長 末富攻さん
現在の戦績は1勝3敗。「今年は“背水の陣”で挑みたい」と言う代表。「まずは1勝、そして県境を戻すことが目標」と、謙虚な姿勢をうかがえますが、その裏にはひしひしと闘志を燃やしております。“キュウソネコカミ”とよく言いますからネ。越前國の逆襲が見られるかッ!

両陣営闘志を燃やしております。「県境綱引き」のもとは、あわら市と加賀市と交流のあった人たちが話し合い「住民が交流しながら県境ににぎわいを!」という想いで2015年から開催されました。“勝ち負け”を決めるイベントでもありますが、これで吉崎地区が盛り上がるのが一番ですよね。

大会を記念したキーホルダーが今年から発売予定

そして今年からはイベントを記念した可愛いキーホルダーも販売予定。『県境の館』にあるモニュメントを模した約5cmほどのサイズ感が可愛い。

今年は加賀國の連勝か、はたまた越前國のリベンジか⁈ 勝ち負け関係なく、とにかく熱い闘いに超盛り上がりの必死のイベントです。年に一度の決戦を見に行こう! 県境が熱いデスッ‼ (日々ウララ編集部・坂本)

鹿島の森伝説 第5回越前・加賀県境綱引き
【会場】 越前加賀県境の館前(福井県あわら市吉崎2-1004-2)
【日程】2019/10/13(日)
【時間】10:00~15:00
【SNS】Facebook
【お問い合わせ】吉崎公民館
【電話】0776-75-1205


#イベント#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する