【11/2~】ときめきが止まらない!カラフルデザインの宝庫へ。「LOVE + FABRIC」

2019/10/31

※終了しました

   

毎年、ドイツ各地やオランダなどの蚤の市に‟かわいいもの探しの旅“へでかけている『wagamama works』のデザイナーkotubuさん。敦賀市の市野々町にあるちょっぴり秘密めいたアトリエには、1950年から70年代のヴィンテージファブリックをはじめ、食器や雑貨など、旅先で出会ったカラフルで可愛い宝物がいっぱい。

    

長い年月を経てきたドイツの古いファブリックは、現代にはない独特な模様と色彩、なんとも言えない風合いがあり、どこか懐かしくて、かわいくて、見ているだけでドキドキします。そんな素敵なファブリックコレクションを使った年に一度の展覧会。今年のテーマは「FABRIC×LEATHER」。ドイツのヴィンテージファブリックやオランダのファブリック、カラフルなレザーとの組み合わせが新鮮なニューデザインをお披露目します。

ベルリンタワーをモチーフにしたペンケースから、大きめのトートバッグ、ボディバッグ、メイクポーチ、スマホ・タブレットケースなど、ニューアイテムも並ぶそう
  
ヴィンテージファブリックでのオーダー受注会も同時開催。気に入ったファブリックを使った、自分だけのお洋服や小物などをオーダーできる貴重な機会! 写真はネコチョーカーと、こどもサイズのワンピース
    

さぁ、あなたもお気に入りのデザインを探しに、かわいいがぎゅぎゅっと詰まったアトリエにでかけてみませんか?


PROFILE●kotubu/wagamama worksデザイナー。セレクトショップにてファッション、雑貨、家具などの仕入れ販売を長年経験。2002年、ヴィンテージファブリックを使用したオリジナルブランド、wagamamaの創作活動を始める。毎年ヨーロッパの蚤の市やアンティークショップを訪ね、そこで出合ったファブリックを使って1点1点ていねいに作品を制作している


wagamama works exhibition vol.12
LOVE + FABRIC

【会場】wagamama works(福井県敦賀市市野々町1-335)
【日程】2019/11/02(土)~11/10(日)
【時間】10:00~18:00
【休日】会期中無休
【料金】入場無料
【HP】あり
【SNS】Instagram
【お問い合わせ】wagamama works
 (0770-21-2410)



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#ファッション#雑貨#イベント#嶺南

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する