福井の自衛隊がやっている?『自衛隊カフェ』に行ってきた!

2019/11/02

福井県福井市松本のフェニックス道路沿いにある『自衛隊広報センター福井』。最近こちらで“自衛隊カフェ”なるものが開かれているらしい。

Q.自衛隊カフェとは?

筋肉自慢の自衛官がかわいいラテアートを披露してくれるのか、はたまた足を踏み入れたら最期、かつ丼をご馳走になり入隊の判を押さないといけないのか・・・。

ということで早速気になる“カフェ”へ!

入り口には暗くなると光る、
かわいいカフェさながらの看板が。
右下はマスコットキャラクターのダイナ君

「こんにちは~」と恐る恐る中へ入ると「ようこそ!」と元気よく自衛隊の方がお出迎え。どうやらすでに何名か来ているようで、同じテーブルを囲ませて頂いた。

注文は何にしますか?と出されたメニュー表にびっくり。トーストやパンケーキもなければコーラにコーヒーもない!

あったのは

・自衛隊の仕事って?
・自衛官候補生って?
・航空学生って?
・イベント情報を知りたい!

などの質問項目。すべて1ドリンク付き。

なにを頼もうか迷ったがとりあえず、「自衛隊の仕事って?(ミルクティー)」を注文。

すると、ミルクティーとお菓子、そして自衛隊の広報官の方が席に座り、注文したメニュー「自衛隊の仕事」を届けてくれた。(自衛隊の仕事について話してくれました。)

そう、『自衛隊カフェ』は簡単に言うと隊員の方とのお話会。隊員と言っても強面の方ではなく、若い方も、女性の方もいる。こわい顔をしているかもしれないが、優しいのでご安心を。

そもそも、

Q.お話してくれる広報官って何者?

広報官とは、自衛隊地方協力本部(通称“チホン”)において

・自衛隊の活動を広報する仕事を担当
・実際に部隊で経験を積んだ方が任命される
・陸、海、空の各部隊出身者が所属している

つまり、自衛隊各部のスペシャリストが、今までの経験を基に様々なことを教えてくれるのだ。

そして今回主にお話してくれたのは、航空自衛隊出身の北畠広報官。航空自衛隊のことはもちろんだが、実際に自衛隊に入るまでの試験や健康管理、そして日々報道されている災害地派遣についても語ってくれた。

一見、企業説明会のような感じに思えるかもしれないが、実際はとてもアットホームな雰囲気で会話が飛び交う。

今回同席していた高校生も「お休みはありますか」や「どこに派遣されますか」「成人式は行けますか」など、思い思いのことを質問していた。
参加した感想も「ネットだけでは分からないことが聞けてうれしい」「最初は抵抗があるけど、話し始めたら楽しい。自衛隊の方と話せるのは光栄なことだし、聞きたいことがたくさん。また次も来たい」と笑顔を見せる。

次ページ→自衛隊カフェの真髄がここに!

#エンタメ#カフェ#福井市内

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する