【THE男氣食堂】

創業120年! 老舗食堂の新名物「醤油カツ丼」の旨さに悶絶|味見屋

2019/10/30

男気食堂…
日本男児が求める「THE昼飯」を勢力取材! 男児たるもの飯にがっつくべし! 福井県内に眠るがっつりランチを紹介していくであります!

創業は何と明治30年代! 鯖江駅前でかなりの歴史ある食堂『味見屋』に、人気の「醤油カツ丼」があると聞き、早速駆けつけたであります! 福井で醤油カツ丼と言えば間違いなく大野だが、今回はあえて鯖江の『味見屋』でいただこう。

「醤油カツ丼(味噌汁付き)」セット1040円
単品780円(いずれも税込)。
おろしそば付きのセットがおススメ

席に座るやいなや、お茶とおしぼりを持ってきてくれ、すかさず「醤油カツ丼」もちろんセットを注文。しばらくして運ばれてきたのは、見るからにボリューム満点なカツ丼と自家製おろしそば、味噌汁、冷奴、漬物のセット。

カツの上でフワフワと踊るかつおぶしと水菜の鮮やかな緑に目が奪われる。5代目店主の玉村さん曰く「醤油カツ丼は5年位前から始めたメニュー。試作段階で、何となく物足りなくて試しにかつおぶしをのせてみたらこれだ!と確信。隠れた味の決め手です」。香ばしい醤油の香りとご飯が見えないほど載せられたカツに食欲も高まり、いざ、いただきます!

脂身が少ない部位の肉を使い、
筋を丁寧に取ったカツはさっぱりで、何枚でも食べられる

『味見屋』の醤油カツ丼は、ご飯の上に千切りキャベツ、カツ、大根おろし、ネギ、かつおぶし、水菜を盛り付け、醤油カツ丼の生みの親、大野『野村醤油』製の醤油ダレをかけた一品。「もう少しタレをかけたい」という方は、別添えのボトルでタレを増しましにできるので有難い。薄めのカツがかなり柔らかく、ジュワッと染みた醤油の風味と野菜のシャキシャキ感もアクセントになり、箸が止まらない!

とガツガツ食べ進めていたが、ふと気づくとカツの中に何か丸いものが一つ……。よく見ると、何と卵のフライが! しかも半熟! 箸で割ると半熟の黄身がトロリと流れ出し、カツに絡まってまろやかな味わいに。醤油タレとの相性も抜群で、うれしいサプライズであります!

県内産そば粉を中心にしたそばは、
のどごしの良さと風味の良さが際立つ逸品

ボリューム満点ながら醤油ダレと野菜でペロリと食べられる醤油カツ丼は、老若男女に人気とのこと。添えられたおろしそばも毎日店でつくる本格派で、味に一切妥協はなし。このそばの美味しさにもやみつきとなってしまったので、次回はもう一つそばのメニューを味わいに来るであります!

そば道具のこね鉢など
店の歴史を感じさせる古道具も飾られ、味のある店内

味見屋(あじみや)
【住所】福井県鯖江市本町2-2-19
【電話】0778-51-0449
【時間】10:30~15:00、16:30~20:00
【休日】木曜
【席数】32席
【駐車場】商店街共有駐車場あり
【HP】なし

#ランチ#連載#丹南

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する