警察犬が足りない 「ワン」チームに協力を

2019/10/31

においで遺留品を捜す警察犬の候補犬=坂井市の県運転者教育センターで

県警、出動は増加傾向
指導手も不足続く

犯罪捜査や行方不明者の捜索で力を発揮する警察犬が不足している。県内では認知症の高齢者が行方不明になるケースが増え、出動件数は増加傾向だが、肝心の犬や訓練を担当する指導手の数は減っている。県警は一般の家庭犬を警察犬にする「採用活動」に熱心に取り組んでおり、鑑識課の担当者は「優秀な犬にはどんどん協力してほしい」と期待を込める。 (波多野智月)


(日刊県民福井)
続きはこちらから

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する