【11/9~】表情豊かな立ち姿の作品たちが、カフェの中でかくれんぼ。「おまりイラスト展」

2019/11/08

ある日、自宅のポストを開けると、イラストレーターとして、越前和紙+粘土の造形作家として福井県内外で活躍中のおまりさんからイラスト展の素敵な案内状が届いていた。

今回のイラスト展のテーマは、「すっくと立つ」。なんだか文字を読んでいるだけで、背筋がすっとのびるような…。このテーマに込めた想いを、つくり手であるおまりさんに伺った。

  

おまり「トコトコさんでの初めてのイラスト展。この場所に似合う絵を考えたときに、まず、オーナーさんの美しい立ち姿が目に浮かんだんです。その立ち姿は、どんなにびっくりすることが起こっても、すっくと立っていればなんとかなるものなのよと、言っているかのようで。【すくっと立つ】ではなく、“一瞬思いがよぎって”もを含んだ【すっくと立つ】といった感じで作品を表現してみたいと思いました」

  

当日、会場となるおとなの喫茶室『toco toco』には、おまりさんが一つひとつ想いをのせて描いたあたたかな色づかいの立ち姿の人物や動物のイラストと、立ち姿のちいさな人や動物(人物は立ち姿の上半身のみもあり)の立体が展示されます。

  

すっくと立つとき。長い人生の中、きっと誰にでもそのときはやってくる。予期せぬトラブルも、つらいことも、うれしいことも、わくわくたのしいことも、ぜ~んぶひっくるめて、自分らしく素敵に歳を重ねていきたいもの。

   

おまり「生きていると、“びっくりすること”って起こるもので、昨年あたりから、私も含むまわりの人たちにいろいろ起こりまくってね~。思い描いていた人生って何だったの?って思うくらい。あと、いろんなことへの不信感やらね。そんな中でも、描いたり、こさえたり(働いたり)することによって、新たな位置で立ち上がるしかないのよね。これは(テーマに込められた)裏の気持ちかな~ふふふ」

(日々ウララ ライター・宇都宮佳代)


PROFILE●おまり/関西出身。福井県勝山市在住。越前和紙+粘土の造形作家、イラストレーター。なんだか憎めない表情の猫やイキモノたちなど、ユニークな作風で県内外のファンに支持されている


「すっくと立つ」イラスト展 =おまり=
【会場】toco toco(福井県福井市中荒井町10-18)
【日程】2019/11/09(土)~11/16(土)
【時間】12:00~18:00(17:30LO)
※最終日は17:00まで
【料金】入場無料
【休み】11/13(水)
【SNS】Instagram
【お問い合わせ】0779-69-2022(おまり)、0776-58-3552(toco toco)
※就学前のお子様のご入店をご遠慮いただいております



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#アート#イベント#福井市内

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する