【ふくい噂の真想】

夢のスーパーカーまで⁈マジで何でも「売ります・買います!」の元祖リサイクルショップとは⁈

2019/11/29

大手のブック●フなどが県内外に多く店舗を構えているリサイクルショップ。また、ネット上でもヤフ●クやメル●リで中古品売買が行われており、中古で必要なものを探して要らなくなったものは売れるリサイクルショップは今でこそ当たり前となりましたが、福井県でその元祖とも言える「のらくろ」を取材してきました。何が凄いって⁈ 一般家電、アンティーク骨董からカー用品、OA家具、時にはスーパーカーの実車まで販売しているのだから! これぞ、本当の「売ります・買います」でしょう。

軒先までOA家具、家電などが並ぶお店の外

近頃では、ネットでの中古品売買の普及などの影響で“昔ながら”のリサイクルショップも減りつつある。そんな中でも業者などからの仕事の信頼も厚く、今なお昔ながらのリサイクルショップを続ける老舗「のらくろ」だ。

創業1984年、ブック●フなどの大手リサイクルショップより以前から営業している「のらくろ」(※石川県野々市市にある同名のお店は姉妹店)。 現在、お店の代表である玉村さんは若いうちから古物商の資格をとり、以来ずっとこの仕事に携わっている。

2階へと続く階段。売り物の絵画や時計も展示
OA家具、業務用の品が多数並ぶ2階の展示場

お店では一般家電、アンティーク骨董、カー用品、OA家具、おもちゃ、バイク、車まで、ジャンルを問わずなんでも扱い販売している(※現在は置いてないが、時にはスーパーカーの実働車も)。逆に何でも買い取っているワケだが、それらはすべて「商品価値のあるもの」だ。必要であれば、買い取り後に自ら修理も手掛ける玉村さん。特に整備しなどの資格を持っているワケではないが、車でも家電でも自ら修理をできるというのが玉村さんの凄いところだ。 査定もひとりでこなし、買い取る品もジャンルを問わず、骨董の目利きなど幅広い知識も持っている。

店内は気を付けて歩かないと品物にあたるほど所狭しに多くの品が並び、さらっと高級品も置かれているので要注意。中には値札が貼られていないものもあり、コチラの商品は応相談(値段交渉してみるのもいいかもしれない)。かなり古い品も扱っており、掘り出し物を探ってみるのもアリだ。

ジャンルを問わない幅広過ぎる、数多の中古品の一部

写真左上 … 木製・鶴の置物
写真右上 … 鉄器の茶釜
写真左下 … 仏壇(小サイズ)
写真右下 … 中古オーディオ(TOSHIBA BOSTON SP-840M)

骨董品の数々。仏壇仏具、昭和レトロなオーディオから、どこで買うのかという高価な置物まで置いてある

現在はほぼひとりでお店を運営しているという玉村さんだが、出張買取りなどが特に大変という。重量級の荷物を運び出すこともだが、部屋から持ち出せない大きなものはその場で解体して外に出す。その作業も手先の器用さと、臨機応変に対応する応用力がないと不可能。これを一人でこなすのが、これまた凄いところ。そして、出張買取りの範囲は新潟~滋賀県へと及び遠方からのオファーも度々舞い込んでくる。ただ、重労働をこなしているだけではない丁寧な仕事をしている信頼の証でしょう!以前は某予備校のオフィスの引っ越しも丸々受けたこともあるそうで。

玉村さんが塗装などを手掛けたモデルカーも販売。写真左:「マッドマックス」28000円、写真右:「マークⅡ」20000円

また、査定から出張買取、受け渡しや作業までひとりでこなすのが大変と、現在人手も募集中。玉村さん曰く「こなすのは大変だけど、もしやる気があれば働くのはウェルカム」とのこと。手先の器用さや現場での応用力、また、査定も多岐にわたる知識は必須ですが、働く気があれば大歓迎とのことで(笑)。

若い力求む! (日々ウララ編集部・坂本)

のらくろ
【住所】福井県福井市開発4-207-1
【営業】10:00~18:00
【休日】第2・第4月曜(祝祭日は営業)
【電話】090-6271-0707
【HP】 なし
【SNS】 Facebook




日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#エンタメ#福井市内#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する