思わず手に取ってしまう、これが噂の福井No.1お土産!|ちさの羽二重餅

2019/12/07

“福井県No.1お土産決定戦”ともいえる「第10回福井県優良観光土産品推奨審査会」が今年11月に開催され、福井市の『株式会社カリョー』が手掛けた「ちさの羽二重餅」が全145品の中から最優秀賞に選ばれた。

この結果、

145品全てが令和3年11月までの2年間、「福井県観光土産品」として推奨される他、最優秀賞の「ちさの羽二重餅」を含む受賞商品25品を中心に、『西武福井店』、東京の『ふくい南青山291』で展示・即売会が実施される予定。

【西武福井店】令和元年12月28日(土)~令和2年1月13日(月・祝) 新館地階 食品街
【ふくい南青山291】令和2年2月1日(土)~3週間程度(詳細時期は未定)

ということだが、まだ表舞台に出ていない「ちさの羽二重餅」、どんなお菓子なのか知りませんよね。

実はこの“ちさ”、リスの絵柄で有名な東京の作家・藤岡ちささんのことで、渋谷のお菓子屋『西光亭』のパッケージを10年以上手掛けていることで知られる。東京土産としてもよく選ばれるこちらの箱を見たことがある方は多いかもしれない。

『西光亭』の本店は渋谷。本店以外に『松屋銀座』、『新宿伊勢丹』、『JR名古屋高島屋』などの百貨店でも取り扱われ、お土産としても大人気

なので、藤岡さんのリスの絵柄をよく知る方や、東京の方などからすると、「あのかわいらしい絵柄が福井のお土産に!?」「似ているイラストじゃなくて?」など、驚きや疑問の声があがるほどらしい。

『㈱カリョー』の担当者佐々木さんも、「まさか引き受けて下さるとは」と驚きだったとか。

本審査では、特にデザインや郷土色の観点で高い評価を受けた。とのことだが、

全3シリーズ展開

パッケージは、羽二重餅としては珍しい筒状で、藤岡さんのリスの絵柄が描かれたものが巻かれている。種類は『一乗谷朝倉氏遺跡』を描いたくるみ味、『永平寺』を描いた黒胡麻味、そして『東郷村(東郷地区)』を描いたよもぎ味の全3種類。

写真は『永平寺』の黒胡麻味

実は意外と珍しいのだが、使用している餅粉は100%福井産で、お米本来の味わいが堪能できる。

地区の特徴を描いたかわいらしいイラスト

イラスト制作にあたっては藤岡さんが実際に現地を訪れ、自分の目で見たものや聞いたもの、感じた空気感を、感性のままに表現したそう。

『一乗谷朝倉氏遺跡』には当時の状況とリスたちを重ね合わせたようなイラストを、『永平寺』には名産のごまどうふや燈籠ながし、そして『東郷村(東郷地区)』には村を流れる堂田川とシンボルの河童が描かれている。

「普通にお土産として相手に贈るだけではなく、それぞれ3エリアの特産品や物語を表現することで、福井をもう1ステップ知ってもらえるコミュニケーションツールになれば」と佐々木さん。

昔ながらの渋いデザインと奇をてらった今風なデザインの中間をおさえた、これまで福井になかった懐かしくも新しいデザインの名菓は、思わず手に取りたくなるお土産として注目されるかもしれない。

そして受賞理由はこれだけではない。実はこのイラスト部分が全面シールになっていてお餅を食べたあとでも活用できるというのだ。

背の低いものは内側に何か詰めると、利便性がよくなる

例えば元々の容器に貼ってペン立てにしたり、お気に入りの手帳などに貼ってもよい。お土産として渡した後にも“残る”という工夫がなされているのだ。

「このリスの絵柄は首都圏では有名だけれど、“ちさ”という名前や福井での認知度はまだまだ。まずは一人でも多くの方にこのお土産を知ってほしいし、全国から藤岡さんファンの方を含めた多くの方が福井を訪れるきっかけになってくれれば」と今後に期待が持てるお土産だ。

一般販売開始は未定だが、来年1月上旬には間に合わせたいとのこと。各1000円(税別)。福井県各所で販売予定。

株式会社カリョー
【住所】福井県福井市問屋町2-42
【お問い合わせ】0776-23-7049





LINEでお知らせを受け取れます!

#スイーツ#お土産

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する