【THE男氣食堂】

頑固オヤジが独学で極めた絶品マルゲリータ!|PORT’S PIZZA(ポルティーズ ピザ)

2019/12/18

男気食堂…
日本男児が求める「THE昼飯」を勢力取材! 男児たるもの飯にがっつくべし! 福井県内に眠るがっつりランチを紹介していくであります!

さて、本日もやってきました。“頑固オヤジ”のピザの店『PORT’S PIZZA(ポルティーズ ピザ)』。お目当てはもちろん人気No.1の絶品「マルゲリータ」とマスターことオヤジの頑固ぶりであります!

店内に入ると、今日は仕込みをしているのか厨房で黙々と作業するマスターが。「大きなこだわりはない」と言いながらも、熱心に生地をこねる姿はたくましい。

仕込み・焼き上げ・接客まですべて一人でこなしている

すべて一人で大変ではないのか。「いや、もちろん大変だよ。けれど厨房も狭いしね。焼ける量にも限りがある。人が入ったからといって提供できるスピードが上がるわけでもない。結果このスタイルさ」と自らのやり方にブレを感じさせない。

という話の途中で「マルゲリータ」を注文する。これは老若男女みんなに人気だそう。トマトとチーズを用いたピッツァで、ナポリでは定番中の定番。

「マルゲリータ」1枚 1090円(税込)

しばらくするとアツアツの焼きたてピッツァが登場! 天気が良い日は外のテラスでも食べられるので嬉しいが、この時期はかなり男気ある者でないと寒い。と思いつつ、風が気持ちよいテラスで一口。

生地が薄いぶん、1人1枚はペロリといけてしまう

トマトの酸味とチーズのコク、そしてブラックペッパーのパンチが絶妙な旨さを醸し出している! シンプルだがオヤジオリジナルのトマトソースが味わい深く、いやなくどさが全くない。生地の香ばしさと食感も相まり、人気というのも頷ける。

ハバネロを使用したタバスコ。
酸味が抑えてあり、シンプルな辛さだ

そして店内には、珍しく3種類タバスコが常備。3つの中で、最も辛みの強いもので喰らってみる…!

痛み、というほどではないが爽やかな辛さが口の中を駆け抜け、また違った味わいが楽しめる。 辛いもの好きにはおススメのカスタマイズだ。

ここでふと、この旨いピッツァを作るには相当な修業をしたに違いないと思って聞いてみた。すると「修業はしていないよ。いろんなところで食べてみて、そして自分で作って食べての繰り返し。納得いくまで試行錯誤していたら半年たっちゃって」と笑いながら話すが、自分が満足いくまで、しかも独学で突き詰めるあたり、まさに男気であります!

トレードマークはあごひげか。いや、ダンディだ

それから、実は店のキャッチ“頑固オヤジ”はこのエピソードからきている。どこかで修業しているわけでもなく、ただひとりで半年間ピッツァを研究していたことにしびれをきらした兄が名付けたそう。

「最初はなんだそれ、と思ったけど今では良いキャッチだよ」と照れくさく笑う。実際、ピザ作りに関しては頑固で男気溢れる髙田さんだが、話してみるとかなり気さくだ。
ここの旨いピッツァ。また食べたくなる理由は、その味だけではなく、別にもあるのかもしれない。

年末は12月29日(日)まで、年始は1月2日(木)から営業だ。テイクアウトもOK!

PORT’S PIZZA(ポルティーズ ピザ)
【住所】福井県福井市福新町2004-1
【電話】090-3292-4298
【時間】11:00~24:00
【休日】月曜
【席数】23席
【駐車場】6台
【HP】なし
【SNS】Instagram


LINEでお知らせを受け取れます!

#ランチ#連載#福井市内

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する