【日々URALA AWARDS 2019】

【スイーツ部門】最も輝いたのは、新元号“令和”で注目を浴びたあのお店!|日々URALA AWARDS

2019/12/27

2019年の日々URALAを彩った記事を独自の目線で表彰する「日々URALA AWARDS 2019」(詳しくはこちら)

編集部がおススメのスイーツを紹介する連載「しあわせな、おやつ」から選出される「スイーツ部門」。選ばれたのは6月12日配信の「今日のおやつは、森の木いちご畑cafeのプチケーキ♪」


(左)味真野産ブルーベリーを使用した季節のタルト
(右)自慢のシフォンに旬の果物を乗せたプチフルーツ
※撮影当時の内容です

受賞理由:
新元号“令和”で味真野地区が注目を浴びたこと、自家製生クリームや旬の果物など、素材にこだわった美味しさが、読者そして編集部にも好評だったこと。また、水・土曜のみ出会える限定感も受賞を後押ししました。





記事の取材にご協力頂いた『森の木いちご畑cafe』を営む仲良し姉妹、天谷さん、上田さんに受賞の報告と来年の抱負について伺ってきました!

—受賞おめでとうございます! 今のお気持ちを教えてください。

ありがとうございます!正直、思いがけない受賞で、驚きと喜びでいっぱいです。

—2019年、お店にとってはどのような年でしたか。

「今年は元号が令和に変わったということで、ゆかりある味真野地区が注目を浴びました。そのおかげもあるのか、実際この周辺に例年よりもたくさんの方が訪れて頂いたと思います。そしてその方々がお店にも寄ってくれゆっくりして頂いたという印象がありますね! まさか新元号で話題になるとは思っていなかったので、嬉しい限りです!
そして、最近は周辺の方々だけではなくて、新しいお客様も徐々に増えてきています。本当にありがたいです!」

元気な姉妹2人が切り盛りする
小さなかわいらしいお店

—2020年の抱負を教えてください。

「看板商品のシフォンケーキを、より多くの方に味わって頂きたいというのはもちろんですが、さらに地元福井に根付いたお店にしていきたいなと思います。味真野産の果物を使ったケーキもありますが、もっとそういった素材を使って、どんどん新しいメニューも考案していきたいです

*「雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)」
「この言葉をモットーに小さいお店ながら少しずつ頑張っていきたいと思います!」

*雨垂れでも長い間同じ所に落ち続ければついには硬い石に穴を開ける、という例えから、“どんなに小さいことでも、根気強く続ければ成果が出る”

スイーツに目がないおやつ記事担当者も大絶賛の『森の木いちご畑cafe』のキラキラした宝石たち。来年はさらに福井の素材にこだわった商品も提供されるなど更なるパワーアップが期待できそう!おめでとうございました!

〈森の木いちご畑cafe〉
素材の配合や焼き加減にこだわったふわふわシフォンケーキが大人気。水・土曜限定のカフェではお好きなケーキと紅茶が味わえるセットも好評!

こちらのお店ご紹介記事はこちらから。「今日のおやつは、森の木いちご畑cafeのプチケーキ♪」

【年末年始営業】
12月26日(木)~1月6日(月)まで休み。

アワード一挙発表記事はこちらから




日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#エンタメ#グルメ#特集

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する