【ハナ金 夜ふかし倶楽部】

大人も子どもも! お正月は寝落ちするまでボードゲームでエキサイト!

2020/01/02

明けましておめでとうございます。2020年の連載一発目は『へクス・イン・ゲームス』様よりボードゲームのご紹介。シンプルだからこそ大人もこどもも楽しめるゲームはまさにお正月にピッタリでは。小さいながらもお正月だけは“夜ふかし”がゆるされたあの頃が懐かしい…。寝落ちするまで盛り上がろうぜ。

我流功夫極めロード / アスタリスクラボ

とにかくカッコいい奥義を編み出したプレイヤーが勝ち。過酷な修業や強靭な肉体は一切不要。必要なのは漢字の書かれたカードとセンスのみ! 細かなルールはありますが、シンプルに好きな漢字を並べて後は読み上げるだけ(照れずにね)「魔空旋滅脚ゥ~‼」。後で何の技かの説明しないといけないので、しっかり考えておこう(気を付けないととか幽遊白書とか漫画のパクリ的な技に…)。別に当て字で作ってもヨシ。「月・閃・光・撃」と並べて…、「ムーン・プリズム・パワー‼」って、違うか(笑)




アノコロの俺ら/熊熊飯店

その年代にあった出来事をプレイヤーが時系列に並べるだけという非常にシンプルなゲーム。単純なゲームだが同世代の人たちとプレイすると非常に盛り上がる。『アノコロの俺らVol.1』なら収録されているのが1980年~1990年代前半に起きた出来事だ。例えば「ファミコン」と「ビックリマン第一弾」の発売はどちらが先かなど、お題は誰もが一度は見たこと・聞いたことがあるハズがあるポピュラーな話題。でも、思い出せそうで思い出せないのがゲームの肝なのだ(ググっちゃだめよ)。




ウェンディゴのこわい話/スコーピオンマスク

キャッシュカードがすり替えられて、数千万引き出される、恐い特殊詐欺事件がありました…。で、このゲームですり替わるのはキャッシュカードではなく、悪魔「ウェンディゴ」と少年少女のボーイスカウトたち。32枚のタイルに紛れ込んだウェンディゴを見つけろ! しかし、元あったカードとすり替わったカードの表面が同じなので全然見分けがつかない…。カードの向きなど微妙な変化を探すのだ。 気が付くと周りの人が入れ替わってた。そんな怖い話、ありませんか?

【本日のハナ金コンシェルジュ】
へクス・イン・ゲームス 鶴田 勇 さん
敦賀駅前のボードゲームが遊べるカフェ。全国でもここでしか遊べない希少価値の高いボードゲームまで1500点と品揃え豊富。もちろん気に入ったものがあれば購入も可能です。

へクス・イン・ゲームス
【住所】福井県敦賀市本町2-12-3
【電話】0770-25-7929
【時間】13:00~22:00
【休日】火曜
【料金】時間制30分300円~
【座席】20席
【駐車場】商店街駐車場利用可能
【HP】あり
【SNS】Twitter



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#エンタメ#嶺南#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する