【東京で出会います。】

これからの教育|小原涼の東京で出会います。

2020/01/27

2020年、ついに新学習指導要領が小学校から始まります。

今回の新学習指導要領「生きる力 学びの、その先へ」で柱となるものは、「社会に開かれた教育課程の実現」です。先日、東京大学にて開催されたTokyo Forum 2019に参加し、孫正義さんとアリババ元会長の馬雲(ジャックマー)さんの特別対談を聞く機会がありました。

その対談の中で、まさにこれからの、AI時代の教育についても言及していました。人が機械のように働く時代から、機械が人のように働く時代にシフトしてきています。「もっとエキサイティングな仕事、人間らしい仕事がどんどん生まれてくる。そんな時代だからこそ議論し、コミュニケートし、一緒に創造していくための教育にしていかなければならない。

今の教室は、みんな静かでひたすら何かを覚えようと一生懸命。博士号とか修士はそんなに重要じゃなく、常に学び続けることが重要で社会こそが大学であり、失敗が最高の教師だ」と、二人は語っていました。現在僕は、高校教育を中心とした地域社会における教育事業に取り組んでいます。高校生はもちろん、社会人であっても、大学生であっても、地域の教育資源を生かして互いに学びあい、刺激しあうことができる環境をつくりたい。高校時代からの夢でした。

実現したい社会があるからこそ僕自身、意欲的に学び続けることができていると思います。孫さんもマーさんもめちゃくちゃ学び続け、勉強し続けている人たちなので負けないように努力していきたいものです。


小原涼(こはらりょう)
2000年9月19日生まれ。株式会社RUProduction 代表取締役社長兼CEO。デザイナー。北陸高校二年生の時にファッションに特化したインフルエンサーマーケティング事業とデザイン事業を行なう『株式会社RUProduction』を設立。
HP Facebook Instagram Twitter



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!




#コラム#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する