春嶽揮毫の書「格致」初公開 福井大図書館で保管

2020/01/31

公開された松平春嶽の書(手前)を前に新しい福井大の理念を説明する上田学長(右から4人目)=福井市の福井大文京キャンパスで

福井大は三十日、「格致(かくち)によりて 人と社会の未来を拓(ひら)く」とする大学の新たな理念と、その基になった松平春嶽の揮毫(きごう)による「格致」の書を公開した。書は同大付属図書館の貴重書庫で保管されていた。福井大によると初公開。「格致」は「物事の道理や本質を深く追究し、深く学問を修める」と解釈されている。新時代を福井から先導する新たな決意の象徴として理念に取り入れた。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する