「若狭桐油」の商品化目指す 小浜のNPO法人

2020/01/31

若狭桐油を手に「文化財の塗料として販路を広めたい」と話す中嶌さん=小浜市門前で

若狭地方でかつて生産されていた「若狭桐油(きりゆ)」を復活させるプロジェクトを、小浜市のNPO法人「若狭くらしに水舎」が進めている。原料の落葉樹アブラギリが今も数多く自生し、植生への影響も心配されており、代表理事の中嶌阿児(あこ)さん(35)は「文化財の修復塗料として販路を広めて、里山の保全につなげたい」と意気込む。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する