【mago note】

ハリウッド 映画に 挑戦します!|mago note

2020/02/11

上記画像をクリックで『Still A Black Star』の予告編が見れ、かつクラウドファンディングの支援ページにつながっています! 気になった方はアクセスしてください! そして地球人として熱い何かを感じた人はぜひお力を貸してください!

今年はガーナでの活動を世界に公開し、貧困、環境問題を解決する糸口に繋げていきます。皆様に絵を買っていただいた資金を元手に、約2000万円を掛けて(超大金……)、ドキュメンタリー映画『Still A Black Star』の予告編を作らせていただきました。この予告編には沢山の真実を見る事ができます。資本主義の真実、環境破壊の真実、人種を超えた真実の愛、アートがなぜこの世の中に必要とされているのか? と、てんこ盛りです。  

ハリウッド映画、エミー賞でドキュメンタリー賞、受賞歴のあるコンウィザーブラザーズに映画製作をお願いしました。「ガーナの真実を世界に公開したい。このSTILL A BLACK STARを輝かせたい!」そう監督に懇願し、実際にカーン監督に現地入りしていただき、この真実を世界中のみんなに知らせるべく、私たちは全力の挑戦を昨年の夏から秋に掛けて挑みました。  

ただ、予告編を作るのに2000万円です。本編を年内に公開するためにはさらに2000万円が必要です……。残念ながら僕一人では予告編までが限界でした。これは投資です。今まで絵を買ってくれた方のお金を預かり、価値のある場所で使う。もしこの映画が世界的な賞を取ることができれば、沢山の人がこの問題の救済に動くし、絵を買ってくれた人のアートの資産価値も向上します。  

そこで今回クラウドファンディングページを作らせていただきました。5000円から支援できますので、ぜひ皆さん支援いただければ嬉しく思います! 新年のご挨拶がご支援のお願いと大変厚かましいですが、ぜひガーナの環境破壊を止めるためにも今回の『Still A Black Star』の応援を本当によろしくお願いします。先進国民、日本人ができる世界平和実現活動がこの『Still A Black Star』に集約されています。この問題をみんなの力で解決することができれば、これからの私たちの住む地球のための活動、そして世界平和を実現するための大きな第一歩になります。フェニックスの街と言われた福井人の私たちならできる! ガーナを救済して、それを映画で発表してムーブメントを起こす! 福井人の僕はやったります! ぜひ福井の皆さんのお力も貸していただきたいです!

令和2年1月吉日 美術家 長坂真護

美術家 長坂真護
MAGO CREATION㈱代表取締役兼美術家 /MAGO Art & Study Institute Founder。サスティナブルを合言葉に、ガーナのスラム街に先進国が不法投棄した電子廃棄物を再利用し、美術品を制作販売。その利益をスラム街での新規雇用や完全無料の学校運営に。
公式HP  Instagram



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!




#コラム#アート#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する