虐待受けた子ら守りたい 県内の弁護士ら 

2020/02/05

子どもシェルター開設に向けて議論する弁護士や福祉関係者=越前市行松町で

避難施設 開設へ始動
虐待を受けた十代後半の少女らが緊急避難的に生活できる場所をつくろうと、県内の弁護士や児童福祉関係者が「福井に子どもシェルターを作る会」を立ち上げた。子どもシェルターは全国で十七カ所あるが、中部地方では愛知県だけ。先月半ばに準備会議を開き、支援へ向けた理解を得るために、映画上映会を開くことなどを決めた。(梶山佑)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する