【愛しのアニマルちゃん】

「繊細でミステリアス。それが魅力なんです。」大きな体のマンボウさん。

2020/02/20

種類/マンボウ 性別/不明 年齢/不明
かなり詳しい研究者でもわからないことが多いそうです

『越前松島水族館』のマンボウはお土産コーナー前の大きな水槽にいます。2017年3月に和歌山県からやって来ました。成長すると全長3m、体重は2t以上と非常に大きくなるお魚です。 温帯や熱帯の、水温18℃くらいの場所で暮らしていると言われています。実はマンボウの生態はまだ謎だらけ。この水族館にいるマンボウについても、今何歳くらいなのか、男の子なのか女の子なのか、飼育員さんでもわからないそうです。

また、マンボウはとっても繊細な生き物。何かにぶつかったり環境が変化したりしたことにビックリしてしまい、そのストレスが命に関わることもあるそう。水族館では水槽に衝撃吸収用のシートを張ったり夜でも電気を点けて水槽の環境を変えないようにしたりと、マンボウにストレスがかからないような工夫をしています。

「マンボウはわかっていないことが多いけれど、その謎を知るのが楽しいし、愛おしくなります」と飼育員さん。確かに、わからないからこそもっと知りたくなる! 謎だらけでミステリアスなところが大きな魅力なのかもしれませんね。

越前松島水族館
【住所】福井県坂井市三国町崎74-2-3
【電話】0776-81-2700
【営業時間】通常9:00~17:30
夏季(2020/07/27~08/31の平日)9:00~18:00
GW・夏季(2020/05/02~05/06、07/23~08/30の土・日曜、祝日、08/11~08/14、09/19~09/22)9:00~21:00
冬季(2019/11/05~2020/02/29)9:00~16:30
※最終入館は閉館の30分前。ただし、GWや夏季ナイター営業日は1時間前まで
【休日】年中無休
【入館料】大人2000円、小中学生1000円、3歳以上500円、3歳未満 無料
【駐車場】450台
【HP】あり
【SNS】Facebook Instagram Twitter



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!




#エンタメ#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する