カエル、春のお目覚め 福井・一乗谷朝倉氏遺跡

2020/03/05

カエルの鳴き声が響く庭園で、早くもふ化したオタマジャクシ=福井市の一乗谷朝倉氏遺跡で

五日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」。冬ごもりの虫が、春の訪れを感じて土の中からはい出るとされる。低気圧や前線の影響で、県内は雨となった四日、福井市城戸ノ内町の一乗谷朝倉氏遺跡の義景館跡庭園にある池では、卵からかえったオタマジャクシが、春を待ち望んでいたかのように泳いでいた。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する