カンボジアから復興の歌 鯖江の児童作詞「ひまわり」

2020/03/10

復興支援ソングを歌うカンボジアの児童ら

現地で岩堀先生紹介
動画サイトで公開
東日本大震災の被災地支援のために、鯖江市立待小学校の児童が作詞した歌「ひまわり」を、カンボジアの児童が歌っている。習ったばかりの日本語で懸命に歌う姿を動画投稿サイトで公開し、被災地に元気を届けている。(山口育江)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する