「神の火」のそばで 福井の原発半世紀 第2部(7)

2020/03/10

「原発事故が起きたとき、ほんまに避難できるのだろうか」と語る山本さん=高浜町小和田の「であいの郷」で

◆高浜原発近くで老人ホーム運営 山本勝則さん
関西電力高浜原発(高浜町)から南へ約四キロ。同町青郷地区で有料老人ホーム「であいの郷」を営む山本勝則さん(65)にはかねて抱えている心配がある。「原発事故が起きたとき、ほんまに避難できるのだろうか」

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する