【THE男氣食堂】

厚切りハラミの旨さを思い知る! 常連客の無茶な注文!? から生まれた渾身の一杯|焼肉ビアハウス蘭燈

2020/03/24

男気食堂…
日本男児が求める「THE昼飯」を勢力取材! 男児たるもの飯にがっつくべし! 福井県内に眠るがっつりランチを紹介していくであります!

福井側から向かうと、この看板が目に飛び込む

福井からあわら方面に向かう嶺北縦貫線沿いをドライブ中、ポツンと一軒建っている焼肉屋『焼肉ビアハウス 蘭燈』を発見!ランチも営業しているようなので、旨い肉を求めてやってきたのであります!

ランチタイム限定メニューの中から、早速注文したのは、店おススメの「厚切りハラミステーキ丼」。他ではあまり見かけないハラミステーキだが、それも厚切りとは。これには期待が膨らむ!

厚切りハラミステーキ丼 1100円(税込)。
小鉢・味噌汁・漬物付

ご飯ものの丼ぶりとしてはやや深めの器に、もやし、玉ねぎ、そして赤身を残しレアに焼き上げたサイコロ状の厚切りハラミが豪快に盛ってある!

店オリジナルのタレを絡めて一口。ハラミならではの歯ごたえで、中身をレアで仕上げているぶん噛めば噛むほど肉の旨味があふれ出てくる! その一方外側はしっかりと焼き上げられ香ばしい! タレとご飯との相性もバッチリで、添えられたわさびが絶妙なアクセント。全体をひとまとめにするいい仕事をしているであります!

ゴロゴロとハラミステーキがのり、
がっつりと肉が食べたい時にはぴったり

肉汁と旨味を閉じ込め、レア仕上げにするためハラミはブロックのまま焼いて、焼き終わってからカット。150g~200gとボリュームもたっぷり味わえて満足できること間違いなし!

そして実はこちらは、あわらの屋台村「湯けむり横丁」で、かつては『なかのや』という名前で営業していて、2018年11月に現在地に移転したもの。

ハラミは、屋台村時代から人気のメニューで、かつてはスライスして焼いて出していた。それが、「厚切りをかたまりで焼いてくれ」と無茶な!? 注文をする常連客がいたのだとか。この声をヒントに試行錯誤し、味の評判も確かめた上で、この「厚切りハラミステーキ丼」が誕生したのだそう。
いまでは若い男女から60代の方まで食べる不動のNo.1メニューになっている。

テーブル席に小上がり席、カウンター席があり、
一人でも大人数でも利用できる

このほか、「若狭牛カルビ定食」や「牛タン定食」などのランチもあり、土日も実施している。次回はこの定食メニューを頂くであります!

焼肉ビアハウス 蘭燈(らんたん)
【住所】福井県坂井市坂井町蔵垣内7-5-1
【電話】0776-97-8069
【時間】11:00~22:00(ランチは15:00まで)
【休日】水曜
【席数】40席
【駐車場】20台
【HP】あり
【SNS】Facbook Instagram




日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!




#ランチ#連載#坂井

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する