軽症者らの一時生活施設を設置 県、福井市少年自然の家に

2020/04/07

新型コロナウイルス感染拡大を受けて県は六日、軽症者ら向けの一時生活施設を福井市少年自然の家に設置し、患者六人の受け入れを始めたことを明らかにした。県内七つの感染症指定医療機関の病床を確保し、重症者の発生に備える。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する