松屋R&Dマザーズ上場 縫製自動機手掛ける

2020/04/07

縫製自動機の前で上場後の展望を語る後藤社長=大野市の松屋R&Dで

縫製装置の自動化などを手掛ける松屋アールアンドディ(R&D)=大野市鍬掛、後藤秀隆社長=が六日、東証マザーズに上場した。県内企業の新規上場は、同じくマザーズに二〇一七年に上場したユニフォームネクスト(福井市)以来。初日は、公開価格九百十円を七十二円下回る八百三十八円で初値を付け、終値は八百十一円となった。(長谷川寛之)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する