軽症、濃厚接触者の一時生活施設設置 県が方針

2020/04/09

新型コロナウイルスの感染が家族間で広がっていることを受け、県は八日、軽症者と無症状者に加え、濃厚接触者向けにも一時生活施設を設ける方針を明らかにした。家族と同居中の濃厚接触者に安心して生活してもらうとともに、感染の連鎖を断ち切ることを狙う。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する