積極的対策でコロナ抑止 感染者利用福井の施設 公表後周囲の「目」悩み

2020/04/15

現在も利用者の座る場所を指定し、「三密」を回避する取り組みをする施設=福井市の花園デイサービスセンターで

利用者が新型コロナウイルスに感染していたことが分かり、一時休業を余儀なくされた「花園デイサービスセンター」(福井市松本一)が本紙の取材に応じた。感染した女性は判明前に施設を利用していたが、積極的な対策で施設内での感染を防いだ。感染公表後は周囲の「目」に悩まされる経験も。男性所長(41)は「職員の健康管理や情報公開後の対応に追われたが、施設として適切な対応はできたと思う」と振り返った。(籔下千晶)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する