いよいよ今週末から販売! 福井生まれの新酒米「さかほまれ」を使った日本酒が遂に解禁!

2020/04/17

全国的にも名高い銘酒が揃う福井県。

4月19日(日)、福井県農業試験場と福井県酒造組合が共同開発した、新しい酒米「さかほまれ」を使用した新酒が遂に販売されます! 日本全国の日本酒好きのみなさん、福井の地酒ファンのみさんお待たせしました!

4月19日(日)より全国一斉販売

日本酒の主な原料は、米と水。原料がシンプルなだけに、一つの原料や製造方法によって香りや味わいが大きく変わります。「さかほまれ」は2010年に開発がスタート、稲の交配や選抜を重ね、更に精米試験、製麹試験、試験醸造を行って約8,000種の中から選ばれた酒米です。

この酒米で造った酒が「日本一美味しいお酒」となるように、また、この酒を「飲んだ人が栄えていく」ようにとの願いが込められています。

福井県特別栽培農産物認証制度の
認証を受けた「さかほまれ」

化学合成農薬と化学肥料の使用を極力抑えて
(福井県慣行栽培の5割以上削減)栽培

また、この新酒米にあわせ「オール福井」の日本酒を造るため、30年余りにわたり福井県オリジナル酵母の開発をすすめてきた福井県食品加工研究所では、大吟醸酒に適した酵母「FK-801C」(2015年)と「FK-802」(2019年)を開発。

待望の「さかほまれ」を使用した新酒は下記の17の酒蔵から発売。また、発売にあわせて福井県酒造組合では、『福の居る国から「幸せをつなく」プレゼント』キャンペーンを実施! 詳しくは県酒造組合のホームページをチェックしてくださいね!



田嶋酒造『福千歳 純米大吟醸 さかほまれ』
越の磯「越廼磯 さかほまれ 純米吟醸」
舟木酒造「北の庄 純米 大吟醸「さかほまれ米」使用」
黒龍酒造「黒龍 純米大吟醸×荒木飛呂彦」
田辺酒造「越前岬 純米 大吟醸 さかほまれ」
吉田金右衛門商店「雲の井 純米大吟醸 さかほまれ」
伊藤酒造「越の鷹 さかほまれ 大吟醸」
真名鶴酒造「真名鶴 純米 大吟醸 酒蔵魂 さかほまれ」
南部酒造場「至極の花垣」
宇野酒造場「一乃谷 大吟醸 さかほまれ」
一本義久保本店「一本義 さかほまれ 純米大吟醸」
片山酒造「月暈 純米大吟醸」
畠山酒造「雪きらら 純米大吟醸 さかほまれ」
加藤吉平商店「梵・さかほまれ 純米大吟醸 磨き3割5分」
丹生酒造「清酒飛鳥井 さかほまれ 大吟醸」
鳥浜酒造「鳥浜 純米 大吟醸」
■ 三宅彦右衛門酒造「早瀬浦 大吟醸 さかほまれ」




福井県酒造組合
【住所】坂井市丸岡町熊堂第3-7-1-16
福井県産業情報センター6階
【電話】0776-66-1234
【FAX】0776-66-0066
福井県酒造組合公式HPはこちらから

#お土産#地域ニュース#新商品

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する