重症者と死亡者割合  全国平均上回る

2020/04/24

新型コロナウイルスの県内感染者のうち、酸素投与が必要な重症者と死亡者の割合が全国平均を上回っている。県は二十三日、県内の重症者の割合は6・7%(全国平均2・1%)、死亡者は5・1%(同2・4%)であることを明らかにした。県内では比較的年齢層の高い人たちに感染が広がっており、透析病院でのクラスターも重なったことが背景にあるとみている。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する