「見えない敵」 退院後も 新型コロナ

2020/04/27

保健所から届いた男性の「入院勧告通知書」と「就業制限通知書」など=一部モザイク処理

県内の元患者 周囲の偏見恐れ
新型コロナウイルスに感染して入院し、現在は自宅待機を続けている県内の男性が本紙の電話取材に応じた。男性にはせきや高熱といった症状は出ず「まさかコロナだとは思っていなかった」と語る。男性が今も恐れているのは周囲の偏見の目だ。「感染が公表された瞬間から『犯人』扱いされ、面識すらない人に感染させたことにもなった」とやり場のない思いを吐露する。 (梶山佑)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する