クマ出没 10年で最多 19年度 前年度比2.5倍896件

2020/04/28

県「春から夏の山注意」
二〇一九年度の県内でのクマ出没(目撃、痕跡、捕獲、人身被害)件数は、前年度比二・五倍の八百九十六件に達し、この十年間で最多だったことが県のまとめで分かった。「大量出没」を裏付ける結果となった。クマが冬眠明けの時期を迎えていることから、春から夏に山を訪れる人への警戒呼び掛けも始めた=写真はチラシ。 (尾嶋隆宏)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する