2週間待機方針 県が発表 高校の県外出身生徒 

2020/05/09

県立と私立の320人想定
新型コロナウイルス感染拡大で学校の臨時休校が続く中、県は八日、高校再開に向けて、県外出身の生徒を来県後の二週間、県内にあるホテルなどの宿泊施設に滞在させる方針を明らかにした。県境を越えて通学する生徒や寮で相部屋になる生徒が対象で、県立と私立合わせて三百二十人の宿泊を想定。十二日正午まで、県外在住の高校生が二週間続けて滞在できる宿泊施設を募っている。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する